5月号フードバンクとくしまニュース

PDF版はコチラから 5月号フードバンクニュース

 特定非営利活動法人 フードバンクとくしま  ~ 2022年 5月号 ~

4月のひとり親家庭158世帯支援、無事終了!!
・ 4月8日(金) お米の仕分け

事前に力持ちのボランティアさんに精米をしてもらったお米を、2㎏ずつに仕分けしてもらいした。高校2年生の木下さんが、ほぼ一人で80個ほどを用意してくれました。とても助かりました。

・ 4月12日(火) 食品セット用意

清田理事長他2名のスタッフとボランティアさん3名で食品セットを準備しました。食品セットは、うどん、カップ麺、アルファ化米等7種類の食品です。160個くらいだから、越年支援に比べたら軽いものだと思っていましたが、大間違いでした。

越年支援は、約100名のボランティアさんが参加してくれますが、今回は6名。しかもお天気よすぎて暑い!!この日しか時間が取れないので、休憩もせず必死でやりました。ボランティアさんも休憩も取らずに頑張ってくれて、なんとか夕方までに全ての準備を終えることができました。

・ 4月19日(火)、20日(水)、22日(金) 食品引換日

第1回目の食品引換日がやってきました。1日に約50世帯ずつが引き換えに来られました。娘に頼まれてきましたというご夫婦や、仕事の途中でぬけてこられた感じの方、小さい子ども3人を連れてこられた方シングルファザーらしき方など、様々な方が来られました。

「助かります。」と喜んでいただける姿を見ると、役に立ったようでよかったなあと安心しました。

受取日時を指定したことで来ることができず断念された方や、この取り組みのことを知らなくて申し込めなかった、という方もいました。

今後は、どうしたら必要な人が必要な時にすぐ食品を受け取れるようにできるか、いろいろ試行錯誤しながら考えていきたいと思います。

受け渡しの最終日は、大学生と高校生もお手伝いに来てくれました。受付をお願いしたところ、二人で完璧にやり遂げてくれとても助かりました。こうして若い人たちが関心を持ってくれることも大切にしていきたいと思います。

徳島県勤労者福祉ネットワークより寄付をいただきました

4月25日(月)「ちょっとええもんJA産直券」を使用した金額の一部を食品ロス削減への取り組みとして、フードバンクとくしまに寄付していただきました。

この券は、あわーず会員への還元、地域活性化、第1次産業の振興をテーマに2022年2月1日~3月25日の間、JAグループ徳島とのコラボで、県内9か所の産直市の店舗で使用することができたそうです。

ご協力くださった皆さま、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

4月に食品をご提供いただいた皆さまです。いつもありがとうございます

・徳島青果

・日本航空

・日本食研

・ワコー

・全国フードバンク推進協議会

・コープブレッドファーム

・あらた

・四電工

・エコみらいとくしま

・解脱会

・北島町 危機情報管理課

・喜多機械産業

・JA麻植郡 ひまわり農産市

・JA徳島市 松茂直売所

・JA東とくしま あいさい広場

・メーアコルン

・グレンドール

・マルハ物産

・鳴門市 市民協働課

・キョーエイ すきとく市

・徳島県 学校教育課

・徳島県 障害福祉課

・日本非常食推進機構

・あわ共同法律事務所

・ぶどうの樹

・祥庵

・おしゃべりくまさん

・寺族婦人会

・徳島産業

・かいふ農協職員労働組合 女性部

・かいふ農協 農家女性部

・個人の方 10名   ※ いただいた日付順(敬称略)

PAGE TOP
MENU